中国貿易

中国貿易

いまがチャンスかもしれません。この波に乗りますか?

趣味の通販 > 中国貿易

対中国貿易

日本は、ほぼ貿易黒字を保っています。
Jetroのページにある「日本の貿易相手国 TOP 50」から、
香港を含めた輸出入バランス(純輸出)を抜きだしてみると、
2001年から2011年にかけては、2001年と2010年にマイナスになっているだけです。
香港への輸出が、輸入よりもはるかに多いので、このような結果になっています。

「中国」という括りに香港を入れるか入れないかで、この統計の見方は大きく変わりますが、
結果的には日本にとって彼らはいいお客様だったのです。

彼らは日本にとっていいお客様ですし、日本は彼らにとって雇用を生み出す側でもあるのです。

いろいろな国際問題が発生して、そのたびに揉めていますが、戦争をしたところでお互いにメリットはありません。
お互いの利益になるような落とし所を探っていって欲しいです。

中国貿易 問題点

日本企業が中国に工場などを持って、そこで作った製品をその他の国に輸出する場合、
存在している大きな問題の一つが、17%もの増値税です。
いわば日本の消費税のようなもので、さまざまな取引に課税される付加価値税です。

輸出用製品を加工する場合、税関の許可を受ければ、保税状態で原材料を他国から輸入し、工場で加工したあとに再輸出することは可能です。一方、国内製の部品を購入・加工して製品を輸出する場合は、部品調達の際に増値税を負担しなければならないことがあります。

日本の製造業者からすれば17%もの税金は負担が重いため、一部のメーカーでは部品を二次加工工場へ出す前に、一旦、日本などの第三国へ輸出してから再輸入することで、増値税の負担を軽減しています。輸出/輸入のコストよりも17%の税金のほうが重いってことですね。

在宅中国貿易 完結編

中国貿易 トップへ戻る