転職

転職

雇用が流動的になっているからといって、
有利な状況とは限りません。
しっかりと計画を立てて戦略的に活動しましょう。

趣味の通販 > 転職

マイナビ転職

どのサイトでも転職エージェントやコンサルタントのようなサービスをやっています。
そういったサービスを利用する際は職務経歴書や履歴書を登録すると思いますが、その際にはできる限り自身の持っている能力をまんべんなく、かつ詳細に書いておきましょう。

例えば人事異動などで担当しているプロジェクトやお客様が変わったり、
TOEICの点数が上がったり、新しい資格を取得したり、
そのような変化があるたびに更新しておく事をおすすめします。

その都度スカウトメールの質や量が変化してくるでしょう。
一番わかり易い例を挙げると、TOEICの点数が800点を超えると、
今まで見向きもされなかった外資系からのアプローチが来たりします。
このように、自分のスキルが上がってくるごとに、スカウトされる企業のランクが目に見えて上がります。
その結果、選択肢が広がっていくことにつながります。

転職サイト

どの会社を利用しますか?

リクナビ? マイナビ? DODA? エンジャパン?

ランキングに上がっている会社でも、業種によって得手不得手があります。

それを調査した上で、サイトに登録しないと不幸な結果を招くので注意しましょう。
また、手当たり次第にサイトに登録してしまうと、今度はエージェントの面会スケジュールや登録したプロフィールなどの管理が煩雑になってしまいます。
最高でも3社程度に抑えて、こちらも計画的に登録してうまく活用しましょう。

最近知名度が上がってきたのは「はたらいく」ですが、ちょっと様子を見てみましょう。
母体はリクルートですが、数年後には閉鎖されている可能性も否定できません。
リーマン・ショック前は多数の会社が積極的に斡旋していましたが、
リーマン・ショック後はパタッとと止まってしまいました。
そのような事例もあるので、タイミングも国内外の経済状況も把握しておきましょう。

転職・就職 必勝マニュアル

転職 トップへ戻る