薬剤師

薬剤師

最近、求人が増えています。

趣味の通販 > 薬剤師

薬剤師になるには

薬剤師になるには、大学の薬学部もしくは薬科大学を卒業して、国家試験に合格する必要があります。

大学も国公立と私立がありますが、国家試験の合格率と就職率が高いのは私立のほうです。
合格率や就職率が下がるということは、そこの入学生(=お客様)が減ることにつながります。そのため、学校側は試験対策を徹底的に行い、学生の合格率をあげようと必死になります。
卒業試験についても難しく設定し、国家試験に受からないような学生は卒業させないところもあるとか。その結果、合格率を上げているのです。数字のマジックですね。

では、国公立大学はというと・・・。
国家試験に受かることよりも研究に熱心なところが多いようです。
卒業後は薬剤師になるのではなく、製薬会社に勤めて医薬品の研究をしたい、という人は国公立大学向きです。
卒業試験もそんなに難しくないそうですが、逆に国家試験対策はそれほど力を注いでいないところが多く、
合格率は私立と比較するとそれほど高くないようです。

国公立か私立か、将来どのような道に進みたいかを考えて決めましょう。

薬剤師国家試験

上記にも述べた通り、大学ごとの合格率はカラクリがあります。

以前、とある大学で受験者の選別が行われていた事が発覚し、話題になりました。
それ以降、その大学は以前ほど卒業延期者(つまり留年者)をださなくなったようです。そのかわり、案の定、国家試験合格率が大幅に下がったことは有名です。
私立薬学部、薬科大学、特に新設大学では、受験者の選別が顕著に行われているようです。

あくまでも国家試験なので、それなりに難易度は高く、
合格したからといって就職先が保証されているわけでもありませんが、
今のところは引く手あまたのようで、転職市場も盛況なようです。

どのような数字のからくりがあっても、患者さんに喜ばれる薬剤師になっていただきたいものです。

今の職場に満足していますか?薬剤師の転職ならCBネット

薬剤師 トップへ戻る